iOS 10 で追加された SpeechFramework についてまとめました。

簡単に言うと音声認識用の Framework ですが、通信がほぼ必須であったり回数制限があるなどどこまでも自由に使えるわけではありません。 とはいえ、アプリの補助機能として採用するにはピッタリの機能なのではないでしょうか。

SpeechFramework を使って実装する上での注意点やソースコードの書き方等は以下スライドにまとまっていますのでそちらを参照してください。



関連記事