こんにちは、ギャップラー小林です。

 先々週このブログで予告しておりましたが、わたくし WWDC2014 に行ってまいりました!かねてから噂の iWatch などの新デバイスの登場こそ無かったものの、iOS 8 を中心とした数々の発表に皆さんも驚かれたのではないでしょうか?

 会期中の様子は弊社の Facebook ページに掲載しておりますので、少しでも現地の雰囲気を感じていただければ幸いです!

 ウチのエンジニア陣も新情報が公開されるやいなや、情報収集に奔走していたようなので、皆何に関心があるのか聞いてみました!

Q1. WWDC で発表されたもので気になったのは?

  • 1 位: Swift
  • 2 位: CloudKit, Xcode 6
  • 3 位: Extension

 やはり、回答者ほぼ全員が Swift を上げていました!2 位の CloudKit、業務でも mBaaS 導入に関する話題が多くなってきているので、要注目ですね。3 位の Extension も待望の機能ということで挙げている人が多数いました!

Q2. 今後仕事で必要になる、または役に立つと思うものは?

  • 1 位: Extension
  • 2 位: Swift
  • 3 位: Xcode 6

 いずれも Q1 で上がった項目ですが、3 位の Xcode 6 は皆高い関心を持っていました。確かに、かゆいところに手が届く「これが欲しかった!」と言いたくなる機能が多数追加されているので、全て使いこなせるようにもっと精進せねば!

Q3. 今回の WWDC に対する率直な感想は?

  • OS X – iPhone連携はなれるとApple環境から抜け出せなくなるなー
  • ワクワクすっぞ。
  • 変化が激しい分iOS6-8対応をしようとすると結構工数かかりそう。
  • 今回の発表内容は多かったはずなのにSwiftのインパクトで霞んでしまった。
  • 原点回帰、まさに開発者のためのイベントだったような気がします。
  • いままでおそらく意図的に制約してきたプラットフォームを大胆に開放してきたという事と、MacとiOS端末の間に存在した壁を(今まで微妙な存在であった)iCloudによってぶち壊してきた、という印象を受ける。
  • ExtensionとHomeKitはiOSの拡張の可能性を感じるので期待。
  • Keynote の 2 時間があっという間でした!それだけ開発者にはテンションの上がる内容だったと思います。

 と、様々な意見があったものの、大きなインパクトがあった点については満場一致といったところでしょうか。早々に社内勉強会を開催し、情報を整理していきたいと思います。いずれはギャップロ特集記事としての展開を予定しておりますので、どうぞご期待ください!