こんにちは、ギャップラー小林です。

 先日行われた ニコニコ超会議3の超Ocufes にて、UPFT VR PROJECT で制作した DINO TOWN を出展してきました!

 ご存知の方もいるかと思いますが、今年のニコニコ超会議は 2 日間の来場者数が 12 万人と、大盛況でした。当ブースも 体験希望者が切れることはほとんどなく、多くの方にプレイしていただきました! 遊びに来てくださった方にはこの場を借りて御礼を申し上げたいと思います。

 開発メンバーも、これまでで一番の賑わいに手応えを感じていたようです。

Rift初体験の方が結構いらっしゃって、体験された方は没入感に驚いていました。 今後もこういった体験を提供できる場が増えればいいなぁと思いました。 あと巫女さんのコスプレした人が体験しに来たんですけどリアクション含めて可愛かったです! (パズドラYSK)

2日目は、短い出展時間ながらも40人ほどの方に体験していただけました。 DK2を予約したという方から初体験の方まで、中には小さいお子さんの体験者もいらっしゃいました。これを機に、今後Oculus Riftの認知度がますます高まることを期待します!! 小さい頃にこれを体験してしまったお子さんがこの後どうなっていくのか気がかりです… (開発貴公子)

操作の飲み込みが早いお客さんが多くて、遊び方も千差万別だった。 これは他のイベントでは無かったことで見ていて面白かった。 プテラノドンで酔う人がいるのは相変わらず。 新しいSDK、夏に出るDK2に合わせて徐々に改良できればよいと思う。 (なぐなび)

 やはりユーザの反応をダイレクトに見ることが、制作者にとって一番の刺激になるんですね!

 ニコニコ超会議ではこの他にも、Oculus VR を利用した展示が各所にありまして、日に日に注目度が増していると感じました。どこも非常に個性的で魅力あるコンテンツを制作していたので、我々もうかうかできません!

 今回出展した DINO TOWN は引き続き、阿佐ヶ谷アニメストリートでも体験できます。また Oculus VR をお持ちの方でしたら Oculus VR Share からダウンロードできますので、ぜひ触ってみてください!