こんにちは、ギャップラー小林です。

 気づけばもう 12 月、忘年会真っ盛りですね〜。我が社でも先週末、クリスマスパーティという形で忘年会を行いました!

 毎年いろいろな企画で盛り上がっているのですが、ギャップロ的に注目したのはアプリ企画「めりくり+」です。これは専用の iOS/Android アプリから 写真やうさぎ?スタンプを投稿すると、これをリアルタイムにディスプレイへ投影する、ユーザ参加型デジタルアート なのです!

 まずアプリ側はこんな感じ。写真とスタンプ投稿ボタンだけの簡単操作です。

 ここまでは昨年のアプリ企画「めりくり」とほとんど同じでしたが、今回は「表示側」がとんでもなくパワーアップしていました!大手家電メーカーが 4K テレビやディスプレイでしのぎを削る中、なんと どこよりも早く 8K を実現した らしい。その世界初の成果がこれだッ!!

 スカイツリーのはるか上空、宇宙までも映し出す、超高解像技術を見事に実現しちゃいました!

 さて、では「めりくり+」はこの驚異の 8K ディスプレイに何をもたらすのか…!?その実動デモをご覧ください!

 ちなみに、この後 Leap Motion を使った正拳突きリセット機能 なるものまで搭載され、当日には体験型(?)アートへと更なる進化を遂げたのでした。

 なんだか 妙なところに力を入れちゃった感 はありますが、「めりくり+」スゴいでしょ!?今回はそんな傑作を生み出してしまった、めりくり+制作メンバーの感想で締めたいと思います。

  • ヤス(言い出しっぺ)「勢いとテンションと筋肉の結果。」
  • ○くん(メイン開発)「うさぎ切り抜きとポスター制作と『うさぎアニメーションエンジン』の開発を担当しました。」
  • さーや(デザイン)「Счастливого Рождества!」
  • はぶぜん(制作進行)「8kをiPadを5台つなげて表現するという実験に成功したことが本当にうれしかったです。是非別の企画にもつなげたいと思っています。※社内でディスプレイ化する企画が進行中だったりします。」
  • ぬるまう(うさ担)「うさぎを担当しました。うさぎ改を量産するので紙とペンくださいっ」
  • 開発貴公子(新人)「8Kディスプレイのプログラム担当しました。あと横に3列追加したいのでiPadください!」
  • 八王子王子(新人)「leap で正拳突きの検知を担当しました。正拳突きじゃなくてジャブになっちゃいました(・ω<)」