imageCopyright © 2015 Unity Technologies

先日ついに、Unity5が公開されました。 物理ベースシェーダーやリフレクションプローブなどの新機能については、以前より報告されてましたが、ライセンス形態も今回より変わりました。 □これまでのライセンス

  • Unity Free
  • Unity Pro
□新しいライセンス
  • Personal Edition
  • Professional Edition
一見して名称が変更されただけか?と思いましたが、その内容は大きく刷新されてました。

「Personal Edition」と「Professional Edition」で機能の違いは?

「Personal Edition」はUnity5のゲームエンジンとしての機能を全て使えます。 5からの新機能も、4までProのみに提供されていた機能(リアルタイム影生成、LOD、アセットバンドルなど)も全てです。

つまり「Professional Edition」と違いはありません。

ならば「Professional Edition」の特典はなに?

これまで「Unity Pro」とは別料金で提供されていたサービス(Team Licenseなど)や、Unity5と共に新しく登場した新サービスが「Professional Edition」は無料で提供されます。 サービスの種類と料金体系を表にまとめてみました。 一部のサービスは「Personal Edition」でも月額料金で使えるようです。

サービス Professional Personal
Team License 無料 月額25ドル
Unity Cloud Build Proを12ヶ月間無料 Freeは無料(Proは月額25ドル)
Unity Analytics Pro 無料 月額25ドル
Asset Store Level 11 無料 月額19ドル
Game Performance Reporting 無料 月額19ドル
Professionalコミュニティのサービス 無料
β版アクセス権 無料
優先的なバグ対処 無料
今後対応のプラットフォームへのアクセス権 無料
IOS/Androidのスプラッシュスクリーン 変更可能 Unityロゴ固定

新サービスについて

(1) Unity Cloud Build

Unityプロジェクトのビルドに特化したCIサービスです。 SVNやgitにあるレポジトリを監視して、更新があればビルド後デプロイまでしてくれます。 対象となるプラットフォームは、iOS, Android, Web Playerです。 無料プランもあります。 有料プランになると、同時ビルド数やレポジトリのサイズ制限が増えたりします。

image

(2) Unity Analytics

プレイヤーの行動を分析を簡単に出来るらしいです。 別途「Unity Analytics SDK」の導入が必要です。 Unity5以降だと、プロジェクトIDを記述してAnalyticsをスタートさせる数行のスクリプトを新規作成して、MainCameraにアタッチするだけで、すぐに使う事が出来るらしいです。 現在オープンベータ中で、Pro版と無料版の違いはまだ分かりません。

image

(3) Asset Store Level 11

11の厳選アセットが、月に一回程度のペースで不定期に特別割引や優待販売されます。 中には普段結構なお値段のアセットが無料になります!

image

なんと、いまだとplaymakerが無料です!!

(4) Game Performance Reporting

まだβ版のサービスです。 「ユーザーにゲームのパフォーマンスを改善するためのツールを提供する」らしいです。 いまは、Exception Loggingという例外をweb上のダッシュボード上にレポートしてくれる機能のみ公開されています。

(5) Professionalコミュニティのサービス

「Professional Edition」のユーザ限定のスレッドが立ち上がる予定だそうです。 現在(2015/3/6)はまだ公開されていません。

(6) β版アクセス権、優先的なバグ対処、今後対応のプラットフォームへのアクセス権

β版や新プラットフォーム対応したUnityを「Professional Edition」のユーザは、いち早く体験出来るそうです。 また「Professional Edition」ユーザから報告されたUnityのバグは、優先的に処理されるそうです。

収益制限について

「Personal Edition」には収益制限があります。 直前会計年度の総収益か総予算が10万ドル以下でなければなりません。 「Professional Edition」になればこの制限はなくなります。

Unity5はロイヤリティは存在しません。

「Professional Edition」はいくら?

サブスクリプションは、月額75ドル。 買い切りは税込みで、16万2000円(5月1日から19万4400円)。

サブスクリプションは現在のところ、本家サイトからのみ選択が出来るようです。

image

まとめ

「Professional Edition」はその名の通り、企業の「多人数/大規模開発」に合わせて、作業効率や利益向上をサポートするサービスを提供することに特化していくのだと感じました。 「Personal Edition」によってUnityの新旧機能のすべてが使えるようになることで、個人ユーザが今まで以上に増えていくと思います。 開発者同士の交流も、よりいっそう盛り上がっていきそうです!!